プロフィール

冬柿 Towsi

Author:冬柿 Towsi
冬柿(とうし)は、元々は「俳号」
ところどころで使ってたりします。
将棋六段(格)。詰将棋はビギナーということでお願いします。

冬柿のツイート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
10100位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
245位
アクセスランキングを見る>>
count
26

スマホ詰パラの指定創作と握詰

スマホ詰パラ(以下スマパラと書きます)に創作発表している人たちの
愉しみ(?)の一つとして「指定創作」があります。

ただ、発表時の作品一覧には何も目印が無いので、
解等者側は何も知らず、「何だこの作?」ということもよくあるのが難……

※トップ>イベント>指定創作&PICKUP で該当作はまとめられています。
※(ユーザーが始めたテーマで、ある程度数がまとまっているものは非公式ながら「PICKUP」として紹介されています。)
公式の指定創作は、

1)「かっけー作品」=攻め方が角と桂のみ。特に持ち駒も含めて全て角桂の作品は、
いつの頃からか「フルかっけー」と呼ばれています。

「かっけー」参考 拙作No.5795
Screenshot_2017-04-09-16-08-29.png 
まあ、手順は… ^^;)

2)「風が語りかける詰め将棋」=玉方着手に「同馬」が3回以上現れる作品。
タイトルに何となく「風~」が出てくることが多いです(-∀-)
なぜ「風が語りかける」とい名称なのか? ふっふっふ…

 わかりません。

管理人さんに訊かないと。


そして、昨年(2016)からスタートしたのが

3)「握詰」です。タイトルに(201X握詰)と表記されます。

年初に発表されて、投稿期間がほぼ1年あるので、

すぐに投稿する人もいれば、年末ギリギリに投稿する人もいるようです。


2016年は、まあ、微笑ましい雰囲気も漂っていたのですが、

今年2017年は一変して、随分と水準が上がった感があり、

まだ出していない作者は戦々恐々としています。(はい。私です)

私も一作は出したいと思っているのですが、

もう全然作れる気がしません。みんなどうやって作っているのだろう?


全体的には、さすがにアマ連杯握詰とは比較になりませんが、

なかなか歯応えがありますので、是非解いてみて下さい。


「2017握詰」から、No.8816 Comet_Lulin 「竜の執拗さよ(2017握詰)」

Screenshot_2017-04-09-16-23-12.png 

妙手には乏しいですが、手の流れ、リズム、そして最終図と、良い余韻を残しますね。

この作者は、創作力が高く、もう1作の2017握りがあるのですが、そちらも 煙ります。


今年の握詰を見ていると、指定創作にチャレンジすることで、

全体の作図力アップに良い影響を与えているような気もします。


できれば、指定創作参加作は、発表時に何か印があると良いのではと思います。

解くときの楽しみも増すような気がします。


スポンサーサイト
2

Comment

  1. nono_y

    nono_y

    2017-04-09 (Sun) 17:19

    「風が語りかける」の由来
    https://www.youtube.com/watch?v=dppGFudPFUs

    あれ、「これが大駒です」は?
  2. <span class=冬柿 Towsi" title="Re: 3" />

    冬柿 Towsi

    2017-04-09 (Sun) 18:29

    > 「風が語りかける」の由来
    > https://www.youtube.com/watch?v=dppGFudPFUs
    >
    > あれ、「これが大駒です」は?

    文中にも書きましたが、
    (ユーザーが始めたテーマで、ある程度数がまとまっているものは非公式ながら「PICKUP」として紹介されています。)

    「これが大駒です」はPICUPで、公式としては紹介しませんでした。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
検索フォーム
QRコード
QR
著作
Return to Pagetop