プロフィール

冬柿 Towsi

Author:冬柿 Towsi
冬柿(とうし)は、元々は「俳号」
ところどころで使ってたりします。
将棋六段(格)。詰将棋はビギナーということでお願いします。

冬柿のツイート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
10125位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
244位
アクセスランキングを見る>>
count

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

13

「作るほう」の詰将棋の本

詰将棋の作り方

写真の本、
詰将棋に興味を持って買った本です。
詰キスト・詰将棋ファンなら、きっと知ってる人の方が多いのでしょうね。

「結構高かったんじゃないですか?」と、聞かれたことがあります。
「?」 最初は意味がわかりませんでしたが、古書相場のことでした。

私は、定価で買いました。

ええ、ええ、そうです。 新刊の時に買ってます。 ああ、懐かしい。(遠い目…)
村山さん(※村山隆治)のお名前もこの本で知りました。

それぞれ中身の濃い、素晴らしい本だと思います。
今度、それぞれの本の紹介も書いてみますね。



(15.08.09 追記)

「何だかアクセスが跳ねてるなあ?」 と思ったら、
この記事が「詰将棋おもちゃ箱」で紹介されていてビビった。 あわわわわ…

詰将棋おもちゃ箱詰将棋メモ>詰将棋の作り方
http://toybox.tea-nifty.com/memo/2006/11/post_24bc.html

このままじゃ、何の役にもたたないので、
せめて、書籍の情報を書いておきます。

【1】詰将棋の解き方作り方 (集文館将棋ポケットブックス) 1975発行
八段松田茂行著
詰将棋の解き方・規定・基本手筋
②問題 50題
③詰将棋の作り方
※作り方は (P117~181)で、結構ボリュームあり

【2】実戦に応用できる 詰将棋教室 (金園社) 初版 S41
村山隆治著 二上達也校閲
①詰将棋の一般常識
②自作百番「詰将棋流鏑馬」
③詰将棋の散歩道
※村山さんの作品集も兼ねていて、お得?

【3】詰将棋を楽しむ本 (金園社) S53 初版
①詰将棋とはどんなものか
②詰将棋のたのしみ方
③詰将棋の用語辞典
付録 主要古典図式一覧表
※問題集が入っていない一冊丸ごと「たのしみ方・つくり方」の本



スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。