プロフィール

冬柿 Towsi

Author:冬柿 Towsi
冬柿(とうし)は、元々は「俳号」
ところどころで使ってたりします。
将棋六段(格)。詰将棋はビギナーということでお願いします。

冬柿のツイート
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ゲーム
9486位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ボードゲーム
207位
アクセスランキングを見る>>
count
24

2016年発表メモ

あまりに間が空いたので、忘れないうちに2016年の発表数をメモ※指導用問題は含まず(2015年12月1日から2016年12月末までの13ヶ月間)スマホ詰パラ:11 (累計30)詰パラ:2 (同3)詰将棋サロン:2(同2)計:15 (同35) (面倒なので発表に限定)「おっ。意外と創ってる?」と思ったけど、何のことない、半分ほどは2015年に創ったものを発表しただけだった。詰将棋サロンも年初に連続入選して、「今年は頑張... <div>あまりに間が空いたので、</div><div>忘れないうちに2016年の発表数をメモ</div><div>※指導用問題は含まず</div><div><hr id="null"></div><div>(2015年12月1日から2016年12月末までの13ヶ月間)</div><div><br></div><div>スマホ詰パラ:11 (累計30)</div><div>詰パラ:2 (同3)</div><div>詰将棋サロン:2(同2)</div><div><br></div><div>計:15 (同35) </div><div><hr id="null"></div><div>(面倒なので発表に限定)</div><div><br></div><div>「おっ。意外と創ってる?」と思ったけど、何のことない、</div><div>半分ほどは2015年に創ったものを発表しただけだった。</div><div><br></div><div>詰将棋サロンも年初に連続入選して、</div><div>「今年は頑張るぞ」と思ったものの、</div><div>その後は1作送ったのみで、しかも没である。</div><div><br></div><div>以前の記事で、「50作までは初級」と書いた気がするが、全然50作に届かない。</div><div>この調子だと、初級脱出は来年あたりか?</div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/24/clap" id="fc2button-clap-24" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-24").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/24/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-24.html" data-text="2016年発表メモ" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-24.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?2016%E5%B9%B4%E7%99%BA%E8%A1%A8%E3%83%A1%E3%83%A2%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-24.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="2016年発表メモ" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div> <style>#fc2_text_ad{margin: 14px 0;}#fc2_text_ad span {display: block;float: none;background: transparent;margin: 0 0 2px;}#fc2_text_ad a {padding: 2px;display: block;}</style><!-- general ad --> <link href="http://static.fc2.com/css/blog/entry_adult.css" rel="stylesheet" type="text/css" /> <div id="fc2_text_ad"> <div class="fc2_text_ad_title">スポンサーサイト</div> <!-- FC2ブログPC記事下 1行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1773;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 2行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1772;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2ブログPC記事下 3行目 --> <script type="text/javascript">ARATA_adspotId = 1863;</script><script type="text/javascript" src="https://ad.ad-arata.com/static/embed.js" ><!--//--></script> <!-- FC2管理用 --> <script language="JavaScript" type="text/javascript" src="//media.fc2.com/counter_empjs.php?id=3493"></script> <!-- FC2管理用 --> </div>
  • Date : 2017-03-21 (Tue)
  • Category : 詰将棋
23

大変ご無沙汰で申し訳ありません

なんとまあ、1年3ヶ月振りの更新となりました。気にはしていたのですが。前の記事の頃から、仕事を一旦全部辞めて、家族の看護に入って…、将棋のコーチも休止。詰将棋も全くさわれない状態。ギターのレパートリーも1曲も増えず…あーだこーだで、春からは、全く新しい仕事に引き抜かれ、激震の2016年となりました。かろうじてスマホ詰パラだけは1日5題ペースで解いていました。トイレとかでもできるのでスマホアプリはこう... なんとまあ、1年3ヶ月振りの更新となりました。<br />気にはしていたのですが。<br /><br />前の記事の頃から、仕事を一旦全部辞めて、家族の看護に入って…、<br />将棋のコーチも休止。詰将棋も全くさわれない状態。<br />ギターのレパートリーも1曲も増えず…<br /><br />あーだこーだで、春からは、<br />全く新しい仕事に引き抜かれ、激震の2016年となりました。<br /><br />かろうじてスマホ詰パラだけは1日5題ペースで解いていました。トイレとかでもできるので<br />スマホアプリはこういう時いいですね。(-∀-)<br /><br />最近少し落ち着いてきて、詰将棋を創ろうとしてはみるのですが<br />創作はやはりメンタルが影響するのか、全く創れなくなりました。<br />まともな創作は再開まで時間が掛かるかもしれませんが<br />数ヶ月に1作程度でも簡単なものから何とか創ろうと思っております。<br /><br />と、近況報告はこのくらいにしておいて、<br /><br />この間、スマホ詰パラの方も<br />機能追加で使い易くなっていますね。<br />その辺の話も、またボチボチと…<br /><br />せっかくですから、その動きが止まる前の15年秋のスマホ詰パラ投稿作から<br />貴重な(?)削除作のアップです。変長が見つかった為、削除となりました。<br />私も作品削除作者の仲間入りしました。(T_T)<br /><br />見逃した方どうぞ解いてみて下さい。Lvはいくつだったか忘れました。<br />※ちなみに盤上の歩2枚を取ると完全になっているはず?です。<br /><br /><strong>2015.11.29 No.6931(削除) 「バイアスロン」(変長あり)</strong><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/Screenshot_2017-03-11-13-35-13.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-104.fc2.com/d/u/l/dulc104/Screenshot_2017-03-11-13-35-13s.png" alt="バイアスロン" border="0" width="375" height="600" /></a><br /><br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/23/clap" id="fc2button-clap-23" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-23").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/23/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-23.html" data-text="大変ご無沙汰で申し訳ありません" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-23.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E5%A4%A7%E5%A4%89%E3%81%94%E7%84%A1%E6%B2%99%E6%B1%B0%E3%81%A7%E7%94%B3%E3%81%97%E8%A8%B3%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-23.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="大変ご無沙汰で申し訳ありません" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
21

2015年作った詰将棋を数えてみた (ノ_<)

雑誌等は2015年の号が終了したので、切りの良いところで、今年どの位詰将棋を作ったか数えてみました。※指導用問題は含まず(2015年4月から11月末までの8ヶ月間)スマホ詰パラ:発表19 (待ち3 保留1 フェステボ待ち1)詰パラ:発表1 没1 (未確定2)将棋世界詰将棋サロン:発表0 没2 (未確定3)計:発表=20 没=3 未登場=8 計=31 (※詰パラの没はスマホ詰パラの待ちに移動)検討中は別として、一... 雑誌等は2015年の号が終了したので、<br />切りの良いところで、今年どの位詰将棋を作ったか数えてみました。<br />※指導用問題は含まず<br /><hr size="1" /><br />(2015年4月から11月末までの8ヶ月間)<br /><br />スマホ詰パラ:発表19 (待ち3 保留1 フェステボ待ち1)<br />詰パラ:発表1 没1 (未確定2)<br />将棋世界詰将棋サロン:発表0 没2 (未確定3)<br /><br />計:発表=20 没=3 未登場=8 計=31 (※詰パラの没はスマホ詰パラの待ちに移動)<br /><hr size="1" /><br />検討中は別として、一応完成したものの自分的没を含めて40弱くらいか?<br />月平均5作くらい…… きっと多くはないですね。3手詰めとかも含めてですから。<br /><br />まあ、何とか30は超えたので、<br />初心者は脱して<span style="font-size:large;"><strong>初級者に昇格!</strong></span> といったところでしょうか。<br />来年は、もう少しレベルを上げつつ、投稿も増やしたいなあ。<br /><br />何か画像が無いと寂しいので、気に入っている作を。<br /><br /> <strong>「こんな端攻めが決まればなあ……」 スマホ詰パラ No.5693</strong><br /><img src="http://shogipic.jp/v/6Yd.png"><br /><br />正解:▲12飛成り △同銀 ▲22金 まで、3手詰<br /><br />いや~ これホント好き ヽ(≧∀≦)ノ<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/21/clap" id="fc2button-clap-21" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-21").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/21/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-21.html" data-text="2015年作った詰将棋を数えてみた (ノ_<)" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-21.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?2015%E5%B9%B4%E4%BD%9C%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%82%92%E6%95%B0%E3%81%88%E3%81%A6%E3%81%BF%E3%81%9F%E3%80%80%28%E3%83%8E_%EF%BC%9C%29%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-21.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="2015年作った詰将棋を数えてみた (ノ_<)" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
  • Date : 2015-12-12 (Sat)
  • Category : 詰将棋
19

駒谷さんとの少しの事

10月4日、詰将棋作家の駒谷秀彦さんが亡くなった。そう書くと、詰将棋関係のつながりに見えるかもしれないが、少し違う。気が付けばもう20年近く前にもなるのか。神奈川の商工団体の青年部で知り合った。駒谷さんは事務局員だった。出会いという程のものでもないが、印象は強かった。個性的な風貌。会議でも異彩といってもいい冷静で独特な雰囲気を放っていた。ノリで進んでいく若者の議論を、少し冷めたように諌めて行く先輩だっ... 10月4日、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>作家の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E9%A7%92%E8%B0%B7%E7%A7%80%E5%BD%A6" class="tagword">駒谷秀彦</a>さんが亡くなった。<br /><br />そう書くと、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>関係のつながりに見えるかもしれないが、少し違う。<br />気が付けばもう20年近く前にもなるのか。<br />神奈川の商工団体の青年部で知り合った。駒谷さんは事務局員だった。<br /><br />出会いという程のものでもないが、印象は強かった。<br />個性的な風貌。会議でも異彩といってもいい冷静で独特な雰囲気を放っていた。<br />ノリで進んでいく若者の議論を、少し冷めたように諌めて行く先輩だった。<br />お互いが<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>が好きだという事を知ったのはしばらく先の話だった。<br /><br />数年後、彼は事務局を辞め、神奈川の大和でお好み焼き屋を始めた。<br />青年部の仲間と遊びにも行った。<br />店には<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>が掲示してあって、解けたらサービスがあった。<br />「食べ終わったら一局やろう」と事前に話していた。<br />駒谷さんは確か、神奈川の高校選手権で活躍していたはずだから、力の差は歴然だったろう。<br />その日は分厚い盤と立派な駒台をわざわざ店に用意していてくれていたが、<br />帰りの都合で、対局はまた今度ということになった。<br />楽しみにしてくれていたのだろう。駒谷さんは残念そうだった。<br /><br />お好み焼き屋はうまくいかなかった。<br />駒谷さんは店を畳み、川崎の武蔵小杉で税理事務所の職に付いた。<br />紆余曲折あったと思うが、そこからは仕事の面では安定した。<br />私の企画した経理学習会に協力してくれたり、<br />全商連のイベントでは、私が座長を務める分科会を選んで参加してくれていた。<br /><br />正月には、年賀詰を送ってくれた。解けなかった。<br />どうみても相当長い手数の図だったから、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>の創作も相当な力量だと知ったが、<br />私は<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>からも<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>からも離れたままで、駒谷さんの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>界での活躍の程はまるで知らなかった。<br /><br />2011年の秋に浦和で開催された全国商工業研究交流集会でも、私のところの分科会に参加してくれ、<br />帰りの電車で一緒になった。その時に、詰将棋の話になった。<br /><br />私が詰将棋の話に付き合えたから、本当にうれしそうに詰将棋の話をした。<br />あんなに楽しそうに話をする駒谷さんを、その時初めて見た。<br />駒谷さんの中での詰将棋の大きさを垣間見た気分だった。<br />「<a href="http://www.ne.jp/asahi/tetsu/toybox/index.htm" target="_blank" title="詰将棋おもちゃ箱">詰将棋おもちゃ箱</a>」というサイトを見るように薦めてくれた。<br /><br />車中、私は自分が発行していた地域新聞への詰将棋の出題をお願いした。<br />駒谷さんは、喜んで引き受けてくれた。私もとても喜んだ。<br />何より新しい糸がつながった事が嬉しかった。翌年の春にかけて、二題掲載した。<br /><br />糸は突然切れた。<br />初夏の頃、私は駒谷さんの次の号の詰将棋を楽しみに待っていた。<br />しかし、送られてこない。メールを送っても返信が無い。すっぽかす人ではない。おかしい……<br />彼の職場へ電話した。駒谷さんが倒れたことを知った。かなり厳しい状態であることも……<br /><br />2015年の春から、私はポツポツと詰将棋を作り始めた。<br />駒谷さんが知ったら喜ぶだろうか? いや、昔の会議の時のように冷静に俯瞰的に指導されるのかもな。<br />そんな事を思っていた矢先、訃報が届いた。<br /><br />駒谷さんと将棋を指すことも、自作の詰将棋を見せることも、叶わなかった。<br /><br />昨晩は茅ヶ崎で通夜だった。<br />秋晴れが気持ち良く、きっと茅ヶ崎から眺める富士山は美しかっただろう。<br />駒谷さん作の二題が載った紙面をお兄様へ渡してきた。<br />帰り道、青年部時代の仲間と居酒屋で献杯した。<br /><br /><hr size="1" /><br />駒谷さん作の二題を掲載する。<br />一般読者向けの短編。過去作だったのか新作だったのか解らない。ご容赦願う。<br /><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/5uw.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/5uw.png" alt="フタコノオト No.015" border="0" width="360" height="270" /></a><br /> <strong><span style="font-size:large;"><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E9%A7%92%E8%B0%B7%E7%A7%80%E5%BD%A6" class="tagword">駒谷秀彦</a> 作</span></strong> 7手詰<br /> 「フタコノオト」No.15(2012年2月号) 掲載<br /><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/5ux.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/5ux.png" alt="フタコノオト No.016" border="0" width="360" height="270" /></a><br /> <strong><span style="font-size:large;"><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E9%A7%92%E8%B0%B7%E7%A7%80%E5%BD%A6" class="tagword">駒谷秀彦</a> 作</span></strong> 9手詰<br /> 「フタコノオト」No.16(2012年3-4月号) 掲載<br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/19/clap" id="fc2button-clap-19" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-19").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/1.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/19/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-19.html" data-text="駒谷さんとの少しの事" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-19.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E9%A7%92%E8%B0%B7%E3%81%95%E3%82%93%E3%81%A8%E3%81%AE%E5%B0%91%E3%81%97%E3%81%AE%E4%BA%8B%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-19.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="駒谷さんとの少しの事" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
18

スマホ詰パラ調査【2】「レベルと手数」

前回は、「詰将棋として成立するライン」でALLオーケーの時、どんな手数が作られるのかをスマパラをモデルに見てみました。(2015年4月1日から8月31日の4ヶ月分)参照:スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」フェステボを含めた全作で平均手数が「13.82手」Lv.1~30の通常版だと平均14手を超えるということに知識の足りない自分は、結構ビックリしたわけですが、「3手詰めは短すぎて詰将棋っぽい仕掛けを入れるのが難し... 前回は、「<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>として成立するライン」でALLオーケーの時、どんな手数が作られるのかを<br />スマパラをモデルに見てみました。(2015年4月1日から8月31日の4ヶ月分)<br />参照:<a href="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-17.html" target="_blank" title="スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」">スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」</a><br /><br />フェステボを含めた全作で平均手数が<u>「<strong>13.82手</strong>」</u><br />Lv.1~30の通常版だと平均<u><strong>14手</strong></u>を超えるということに知識の足りない自分は、結構ビックリしたわけですが、<br /><br /><i>「3手詰めは短すぎて<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>っぽい仕掛けを入れるのが難しいと感じます。」(Dollar__Gさん)<br />「3手詰は創作が難しいという認識があるのかもしれません。 と言いますのは、変化は同手数駒余らずの順が生じやすく、解き手の立場で見直しますと、作意手順を特定できないという特徴がありますので、変化が変化と特定できる5手詰以上にしたくなるのかもしれません。」(みつかづ さん)<br />「類似作と作品性を意識したら、超短編の方が作りにくい」(nono_yさん)<br /></i><br />と、やはり、超短手数はむしろ作りにくい。というものでした。なるほど、なるほど。<br />今思えば、ちゃんとアンケート取れば良かったのですが。ユルい記事ですのでお許し下さい。<br />しばらく続きますが、「取材メモ」みたいなもので、<br />「徹底的に研究考察した」というものではないので、ご了承下さい。(๑ˇεˇ๑)•*¨*•.¸¸♪<br />コメント等で、ご感想いただけますと幸いです。ツイッターの場合はアカウントはこちら <a href="twitter.com/TowsiDulc" target="_blank" title="twitter.com/TowsiDulc">twitter.com/TowsiDulc</a><br /><hr size="1" /><br /><strong><span style="font-size:large;">レベルと手数の関係を見る</span></strong><br /><br />今回は、同じデータから「レベルと手数の関係」を見てみます。<br />単にレベルだけを注視すると「スマパラ・マニアック」みたいに見えてしまうのですが<br />前記事の「手数」に<u><strong>「質」</strong></u>の要素を加えたい意味があります。<br />スマパラの検証ではなくて、あくまでスマパラのデータを利用して、<br />一般像に引っ掛かりを作りたいと思っているわけです。<br /><br />(図3) ※クリックすると拡大できます<br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/Lv.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/Lvs.png" alt="レベルと手数" border="0" width="600" height="435" /></a><br /><br />図3は、青棒が各レベルの発表数。赤線(右目盛り)が各レベルの平均手数です。(※レベル29は発表なし。)<br />タイトルが「レベルと手数」となっていますが、正しくは「レベルと平均手数」ですね。<br /><br />まあ、レベルは通常は<span style="color:#FF0000">*1</span>管理人さんがつけてくださいますので、<br />その基準はわかりませんし、そこを追求するつもりはありません。<br />ただ、図2を見ると、結構分布が広く細かく、しっかりチューニングされているような印象を受けました。<br /><br />【レベル】<br />スマパラのレベルは、ざっくり、<strong>「手数と好手(難手)量を総合した解く際の目安」</strong>と言えるでしょうか。<br />スマパラは、出題時に手数の表示がありませんので、このレベルを見て、大体の解き易さを計る。という感じかと思います。<br />例えば、同じ11手詰でもレベル3からレベル17まで、随分広い幅がありますね。(図4参照)<br />普段は「11手詰めは長くて無理」と思っている人も、レベル3なら気軽に取り組める。というメリットも感じますね。<br />また、収束に5手押して詰むような11手詰は、7手詰相当の判断がされているように思います。<br />それぞれの手数でレベルの幅を持ちますので、それらがクロスして大変複雑な分布となっています。(後述図4参照)<br /><br />青棒の大きな特徴は、ざっと見た感じでは<br />(1)レベル5・レベル15・レベル20が前後のデータと比較すると突出している。<br />(2)(レベル5を除き)レベル3~14間の数に大きな差がない。<br />(3)レベル23以上は急に少なくなる。<br /><br />といった所。<br />仮に、質のバランスがどの手数郡も変わらないとするなら、図1(前記事)のような自然な山型になるはずですが、随分違います。2連峰型とでもいいましょうか。<br />(1)は、ここがチューニングの基準レベルなのかもしれません。管理人さんのみぞ知る。 |ω・)コッソリ<br />(2)はレベル設定時に満遍なく割り振られている。とも言えますが、<a href="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-17.html" target="_blank" title="前記事">前記事</a>の2図でLv.1~30の上位手数を見ると、7手から15手が上位で手厚いというのが大きく影響しているように思います。<br />(3)は、スマパラでのトップゾーン。スマパラ投稿者では25手以上となると作れる人がそこそこ限られてくると言えるでしょう。<br /><br />【平均手数】<br />多少のイレギュラーはありますが、レベルが上がると平均手数も少しづつ上がっていきます。順当な感じ。<br />レベル6が少し下がるのは、意外や3手詰や1手詰が入っているからでしょうか。<ダレダヨイッテツメナンテダスノハ ( ˇ ᴈ ˇ;)~♬<br />レベル20から平均手数が23手と20台に乗り、レベル23からは平均手数30手台に入ります。<br />レベル23以上は、作数が少ないので平均手数も大きく変動しますし、調査時期によって大きく変わるでしょう。<br /><br />レベルは手数の長短を基準にしながらも質のウエイトが重いように見えます。<br /><br /><strong><span style="font-size:large;">レベルと手数の分布を見る</span></strong><br /><br />(図4) ※クリックすると拡大できます<br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/Lv2.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/Lv2s.png" alt="手数分布図" border="0" width="600" height="318" /></a><br /><br />表で十分解るかな?と思い、グラフにしませんでしたが、<br />各レベルに対して、何手詰が何作あるかを表示しています。<br />あるいは逆にある手数が、どのようなレベルの散らばりがあるかも見ることができます。<br />黄色はそれぞれのバンドの最多値です。(重心値はズレます。)<br /><br />(1)各レベルとも、手数には広がりがある。<br />(2)レベル15では13手詰が特に多く、周辺データと比べると独立峰的な趣。<br /><br />あまり書いても推測の域を出ないので、この辺にしておきましょう。<br />私の勝手な文章はともかく、データは正確なはずですから、皆さんなりに読み解いてみてください。<br /><br /><hr size="1" /><span style="font-size:x-small;"><span style="color:#FF0000">*1</span>レベルは創作者が申請することもでき、原則として申請が通るようです。割合としてはかなり少ないと思われます。</span><br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/18/clap" id="fc2button-clap-18" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-18").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/18/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-18.html" data-text="スマホ詰パラ調査【2】「レベルと手数」" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-18.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%902%E3%80%91%E3%80%8C%E3%83%AC%E3%83%99%E3%83%AB%E3%81%A8%E6%89%8B%E6%95%B0%E3%80%8D%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-18.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="スマホ詰パラ調査【2】「レベルと手数」" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
17

スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」

最初、スマホ詰将棋パラダイス(以下、スマパラという)での創作投稿が【原則、完全作なら全て採用】*1と知った時は、少なからず驚いたのですが、しばらく解いていて、多少の違和感がありました。それは、「3手詰が少なくないか? ( ̄ー ̄?).....??アレ??」という感触でした。私の詰将棋に対しての勝手な想像でしたが、短い手数の方がやさしい=圧倒的に3手詰が多いはず。と思っていたからです。もちろん作り慣れた作家さんなら、... 最初、スマホ<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>パラダイス(以下、スマパラという)での創作投稿が<br />【原則、完全作なら全て採用】<span style="color:#FF0000">*1</span>と知った時は、少なからず驚いたのですが、<br />しばらく解いていて、多少の違和感がありました。それは、<br /><br /><span style="font-size:large;">「3手詰が少なくないか? ( ̄ー ̄?).....??アレ??」</span><br />という感触でした。<br /><br />私の<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>に対しての勝手な想像でしたが、<br />短い手数の方がやさしい=圧倒的に3手詰が多いはず。と思っていたからです。<br />もちろん作り慣れた作家さんなら、手数もコントロールできるのですが、<br />ビギナーも相当数いるはずですから、かなり意外でした。<br />「解きやすい手数」と「作りやすい手数」は、どうやら違うのですね。<br /><br />「いったい<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>というのは何手詰が一番作りやすいのか?」<br /><br />そんな疑問から、スマパラ掲載作の手数を調べてみることにしました。(ワレナガラ、暇かっ!?)<br />期間は2015年4月1日から8月31日の4ヶ月分。<br />フェステボ450作に通常版734作(削除されたものは除きました)合計1184作。<br />こういうことが調べられるのは、完全作でとりあえず<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>になっていれば全採用のスマパラならでは。面白いですね。<br /><br />この間、通常版で登場の作家は、<br />およそ<strong>280名</strong>で、うち<strong>初登場の方は147名。</strong>52.5%は初登場作家です。<br />「初登場=ビギナー」ではありませんが、それでも相当数がビギナーと思われます。<br />(※削除分も含む。一部不明データありなので、若干実際の数字とズレがあります)<br /><br />手数だけをまとめたグラフが下図です。<br />3つのカテゴリー別に分けています(赤がノーマルのLv.1~30。青がフェステボ。グレーがTotal)。<br /><br />(1図)<br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/graf-01.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/graf-01s.jpg" alt="スマホ詰パラ手数" border="0" width="600" height="392" /></a><br /><br />最短1手、最長89手。<br />そして、各カテゴリーの手数順位が下図。<br /><br />(2図)<br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/20150915004241282.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/20150915004241282s.png" alt="手数順" border="0" width="600" height="153" /></a><br /><br />結果、フェステボを合わせたトータルの最多は【7手詰】(17.74%)でした。全体の2割近くが7手詰です。<br />2位は【9手詰】(13.94%)。【3手詰】(5.07%)は予想以上に少なく、【17手詰】と並んで7位タイでした。<br />あらためて驚いたのは、通常のLv.1~30での手数で、<br />最多が、【11手詰】(103作)、以下2位【9手詰】(100作)、3位【7手詰】(95作)の順でした。<br />【3手詰】はわずか18作!で、12位と人気がありません。 う~ん。残念だなー。<br />そして、平均手数が、<strong><span style="font-size:large;">13.82手!</span></strong><br />多少は、中編以上の作に引き上げられている面はありますが、<br />1図を見て解る通り、中編以上はそれほどの数ではありません。<br />10手台がかなり手厚いことがわかります。<br /><br />正しい分析は、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>に詳しい人の方が確かだと思いますが、<br />簡単に短手数が少ない理由を考えると、<br /><u>●短い手数でキッチリ作るには、逆に一定レベルの力量が要る?</u><br />(※狙いがシンプルでも、収束などで手数が流れたりする)<br /><u>●短い手数を作りたがらない?</u><br /><u>●短い手数は作れるから、もう少し上の手数を目指した?</u><br />といったところでしょうか?<br />短い作を創るのが、ある程度難しいというのは、【1手詰】を考えるとわかりやすいのかもしれません。<br />皆さんはどう思いますか?<br /><br />こうして見ると、指し<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>初級者の練習用<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>としては、スマパラは意外と手強く、<br />私がお勧めするとすれば、3手~7手など短手数をまとめた書籍や<br />アプリならスマパラと同じく<a href="http://kukilabo.sakura.ne.jp/games/introductions/index/2" target="_blank" title="空気ラボ">空気ラボ</a>で提供している「市原誠の詰将棋」などの方が良いと思います。(宣伝、宣伝。(⌒-⌒))<br /><br />今回、レベルや経験値も合わせて調べました。<br />スマパラファンには、こちらも興味深いかもしれませんね。そのまとめは続きにて。<br />(まだグラフ作ってないので)どうぞ気長にお待ちいただければ幸いです。<br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/exel.png/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/exels.png" alt="スマホ詰パラ調査" border="0" width="600" height="375" /></a><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/17/clap" id="fc2button-clap-17" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-17").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/17/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-17.html" data-text="スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-17.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%80%901%E3%80%91%E3%80%8C%E4%BA%BA%E3%81%AF%E4%BD%95%E6%89%8B%E8%A9%B0%E3%82%92%E4%BD%9C%E3%82%8B%E3%81%AE%E3%81%8B%EF%BC%9F%E3%80%8D%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-17.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="スマホ詰パラ調査【1】「人は何手詰を作るのか?」" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
16

スマホ詰パラのコメント欄(2)

時々、SNSや掲示板などでスマパラのコメント欄が話題になることがあるみたいです。残念ながら、どちらかというと、あまり良い意味でないことが多いみたいですね。 (´ヘ`;)ウーム…スマパラのコメントは全くのフィルターなしで、専門誌のように担当者の取捨選択や編集が入っていません。これはアプリらしく、良い部分もたくさんありますが、その分、どうしても、少し荒々しい言葉が露出してしまう感も否めません。 ( ̄へ ̄|||) ウーム自... 時々、SNSや掲示板などでスマパラの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">コメント</a>欄が話題になることがあるみたいです。<br />残念ながら、どちらかというと、あまり良い意味でないことが多いみたいですね。 (´ヘ`;)ウーム…<br /><br />スマパラの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">コメント</a>は全くのフィルターなしで、<br />専門誌のように担当者の取捨選択や編集が入っていません。<br />これはアプリらしく、良い部分もたくさんありますが、<br />その分、どうしても、少し荒々しい言葉が露出してしまう感も否めません。 ( ̄へ ̄|||) ウーム<br /><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/IMGP6028.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/IMGP6028s.jpg" alt="コメント" border="0" width="400" height="267" /></a><br /><br />自分はあまり、受け手としては気にならないのですが、気にする人もいるようなので難しいですね。<br />とは言っても、「ありがとうございます」ばかりでも、と思いますし、<br />できれば、感じたことをうまく伝えたいものです。(それが難しいのですが……)<br /><br />わたしも、ついつい簡単なお礼だけだったり、<br />テキトーに書いてしまうこともあったりして、「これはいけないなー」と思い、<br />いつからだったか、文末に記名(一文字)を入れるようになりました。<br />記名している以上、うかつなことは書けないし、<br />かといって、ウソついてほめる(笑)のは不正直だし、<br />30字という制限で、何と感想を入れようか…… いつも悩みます。<br />何と記名しているかは教えません。内緒ですwww (すでにバレバレ)<br /><br />初登場の人や、経験の浅い人(ワタシもですが…)には<br />「また作品出してね」という応援の意味で、良いと思ったところを書くようにはしています。<br />逆に、明らかに自分より力量が上の人や期待している作者には<br />できるだけ、率直な感想や課題になりそうなことを正直に書くようにしてます。(分不相応はお詫びいたします。)<br />否定的にならなように気をつけているつもりではいますが、<br />それでも「ああ、気分悪くされないと良いが……」と思っていることは確かなんです。<br /><br />3Rさんには<br />「初め●(←記名)と言うのは <span style="color:#0033FF"><strong><span style="font-size:x-large;">作品が寒い</span></strong></span> との意味かと思ってました(笑)。」と本ブログで反応をもらい<br />真っ青になりました。なんと恐ろしい誤解…… (・:゚д゚:・)<br /><br />そういった危険もはらみながら(笑)<br />「課題になりそうなこと」を書くのはには、自分の経験もあってのことです。<br />それは、作品を出し始めてまもなく、ある自作で、<br /><strong><span style="font-size:large;">「もっと欲張りたい素材」</span></strong> という<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">コメント</a>をいただきました。<br /><br />その頃は確かに、完全作になれば投稿。ということをしていましたし、<br />その作は、自分でも少し面白い要素を感じていて、<br />それなのに、推敲を深めずに、安易に完成としてしまったことにあらためて気が付きました。<br />この<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">コメント</a>は、短く・本質を捉えており、書いてくれた方の力量が推し量れました。<br /><br />それ以来、力不足ながら、<br />創作面では「もっと良くならないか」と、欲張るようになりましたし、<br />スマパラの<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88" class="tagword">コメント</a>も、一表現として、どのように伝えたらよいか。と考えるようになりました。<br />「コメントの力はスゴイな……」と見直したわけです。<br />あの10字のコメントを書いてくれた方に、何より本当に感謝しています。<br /><br />それに、コメントを丁寧に書くことは自分にとって良い点もあります。<br />自分なりの適したコメントを目指すために、作品良く見て、良く感じるようになります。<br />そうすると、狙い(作意)、創作の背景、作者の力量など、いろいろ見えて来ます。<br />なーんていうのは、かっこよく言いすぎですね。<br /><br />でも本当に、まだまだ創作数が少ない自分には<br />作品を丁寧に見て、そしてコメントを考えることは、大変プラスになってます。<br />(それなのに翌日には普通に忘れてたりする脳みそですが……)<br /><br />ここに書いたことは、「コメントはこうあるべき」と押し付けるものではありません。<br />あくまで、私のコメントの書き方と経験を紹介したまでです。<br />皆さんなりのコメント取り組みを考えていただく際の一素材になれば幸いです。<br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/16/clap" id="fc2button-clap-16" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-16").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/2.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/16/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-16.html" data-text="スマホ詰パラのコメント欄(2)" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-16.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%AC%84%EF%BC%88%EF%BC%92%EF%BC%89%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-16.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="スマホ詰パラのコメント欄(2)" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
15

スマホ詰パラのコメント欄(1)

え~、気が付けばスマホ詰パラについては一ヶ月ぶり。意外と空いちゃいました。解答数は、余り伸びていないのですが、これは、ここしばらく4月以降の作の手数を調べる為に再解答していたため。私は解答した作を覚えていることができないので、大変難航しました。マニアは解答した作や見た作を覚えている人が多くてビックリします。うらやましい限りです。私は、解いたそばから忘れていくので、詰将棋本などは、何度でも楽しめるの... え~、気が付けば<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9" class="tagword">スマホ詰パラ</a>については一ヶ月ぶり。<br />意外と空いちゃいました。<br /><br /><a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/IMGP6027.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-82.fc2.com/d/u/l/dulc104/IMGP6027s.jpg" alt="スマパラ" border="0" width="400" height="267" /></a><br /><br />解答数は、余り伸びていないのですが、<br />これは、ここしばらく4月以降の作の手数を調べる為に再解答していたため。<br />私は解答した作を覚えていることができないので、大変難航しました。<br />マニアは解答した作や見た作を覚えている人が多くてビックリします。<br />うらやましい限りです。<br />私は、解いたそばから忘れていくので、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>本などは、<br />何度でも楽しめるので、ある意味大変お得です。(ええ、ええ。強がりです。)<br /><br />手数を調べていた理由は、近いうちに(?)また記事にします。<br /><br />さて、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9" class="tagword">スマホ詰パラ</a>(これでも書きにくいので、以降「スマパラ」と略します。)は<br />解答すると、評価・コメントすることができるのですが、<br />これを行う人は、現状かなり限られているようです。<br /><br />拙作を例に見ますと、<br /><strong>レベル4:解答数3631、評価数196(約5.4%)、コメント数39(約1.1%)</strong>、です。<br /><strong>レベル25:解答数790、評価数88(約11.1%)、コメント数30(約3.8%)</strong>、です。<br />(※リアルタイムで変動していないので、多少ズレがあるかもしれません。)<br />解答数はレベルが変わると、相対的に変わるのですが、<br />評価数とコメントは解答数ほどは変わりません。とにかく、解答者数からするとすごく少ないですね。<br /><br />多分、評価とコメントをするのは、どちらかといえばコアなファン層なのだろうなあと思います。<br />特にコメント欄ですが、好作や特徴のある作は、コメントが多くなる傾向は多少ありますが、<br />誰の作品を見ても初期コメントは大体40あたりが上限に見えます。(微増はしていきます。)<br /><br />ということで、<br />大体、積極的にコメントを残す人は、多く見ても60~80人くらいに思います。<br />ユーザーの数からすると、ちょっと寂しいかな……<br />作品を出す側からすると、評価やコメントは、とても楽しみで参考になる貴重なレスポンスなので<br />たくさんいただけると作者はきっとうれしいですね。もちろん、私も同じです。<br /><br />スマパラで解答したら、<br />ぜひ、評価とコメントしてみて下さいね。<br /><br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/15/clap" id="fc2button-clap-15" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-15").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/15/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-15.html" data-text="スマホ詰パラのコメント欄(1)" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-15.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%9B%E8%A9%B0%E3%83%91%E3%83%A9%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E6%AC%84%EF%BC%88%EF%BC%91%EF%BC%89%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-15.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="スマホ詰パラのコメント欄(1)" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
13

「作るほう」の詰将棋の本

写真の本、詰将棋に興味を持って買った本です。詰キスト・詰将棋ファンなら、きっと知ってる人の方が多いのでしょうね。「結構高かったんじゃないですか?」と、聞かれたことがあります。「?」 最初は意味がわかりませんでしたが、古書相場のことでした。私は、定価で買いました。ええ、ええ、そうです。 新刊の時に買ってます。 ああ、懐かしい。(遠い目…)村山さん(※村山隆治)のお名前もこの本で知りました。それぞれ中身... <a href="http://dulc104.blog.fc2.com/img/IMGP6026.jpg/" target="_blank"><img src="http://blog-imgs-80.fc2.com/d/u/l/dulc104/IMGP6026s.jpg" alt="詰将棋の作り方" border="0" width="300" height="200" /></a><br /><br />写真の本、<br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>に興味を持って買った本です。<br />詰キスト・<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">詰将棋</a>ファンなら、きっと知ってる人の方が多いのでしょうね。<br /><br />「結構高かったんじゃないですか?」と、聞かれたことがあります。<br />「?」 最初は意味がわかりませんでしたが、古書相場のことでした。<br /><br />私は、定価で買いました。<br /><br />ええ、ええ、そうです。 <span style="color:#FF0000"><strong><span style="font-size:x-large;"><span style="font-size:large;">新刊の時に買ってます。</span></span></strong></span> ああ、懐かしい。(遠い目…)<br />村山さん(※<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E6%9D%91%E5%B1%B1%E9%9A%86%E6%B2%BB" class="tagword">村山隆治</a>)のお名前もこの本で知りました。<br /><br />それぞれ中身の濃い、素晴らしい本だと思います。<br />今度、それぞれの本の紹介も書いてみますね。<br /><br /><br /><br /><div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/13/clap" id="fc2button-clap-13" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-13").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/13/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-13.html" data-text="「作るほう」の詰将棋の本" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-13.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E3%80%8C%E4%BD%9C%E3%82%8B%E3%81%BB%E3%81%86%E3%80%8D%E3%81%AE%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%AE%E6%9C%AC%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-13.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="「作るほう」の詰将棋の本" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
  • Date : 2015-08-07 (Fri)
  • Category : 書 籍
12

将棋・詰将棋と著作権の周辺整理(3)

前回、将棋のA:スコア系・B:パフォーマンス系・C:道具系・D:その他と、それぞれの「著作物性」を★印で仮定してみました。それぞれを個別に確認と検討してみましょう。A:スコア系1)棋譜 ★☆☆☆☆ ※現在、著作物とは認められていない。コメントや解説などが付かない、純粋に棋譜のみということを前提にします。公的なところ(文化庁やその下部機関など)に問い合わせても100%「著作物性はない」と言われるでしょう。 いくら食... 前回、<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>のA:スコア系・B:パフォーマンス系・C:道具系・D:その他<br />と、それぞれの「著作物性」を★印で仮定してみました。<br /><br />それぞれを個別に確認と検討してみましょう。<br /><hr size="1" /><br /><strong><u>A:スコア系</u></strong><br />1)棋譜 <span style="color:#FF0000"><span style="font-size:large;">★☆☆☆☆</span></span> ※現在、著作物とは認められていない。<br /><hr size="1" /><br />コメントや解説などが付かない、純粋に棋譜のみということを前提にします。<br />公的なところ(文化庁やその下部機関など)に問い合わせても<br />100%「著作物性はない」と言われるでしょう。 いくら食い下がっても無駄です。<br />ただし、知る限りでは(<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>棋譜の著作性を問う)裁判は起こっておらず、判例がないようですので、<br />「棋譜は著作物に該当しないであろう」という、あくまで見解にとどまります。<br /><br />ひとことで言ってしまうと、<br />(著作物は)<strong>「思想又は感情を創作的に表現したものであって,文芸,学術,美術又は音楽の範囲に属する」ことを要する(<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9" class="tagword">著作権</a>法2条1項1号)</strong><br />に該当しない。というのが理由です。<br /><br />もう少し砕いてみましょう。<br />■1■ 「棋譜」は<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>対局の「記録」(スコア)であって創作物とは言えない。<br />■2■定められたルール(※ルールは著作物ではない)に沿って、組み合わされたものである。<br />■3■駒数、盤の升目が限られており有限である。 ※(理屈としては)全てが既に存在する。<br />上記が考えられます。<br /><br /><strong>■1■ 「棋譜」は<a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>対局の「記録」(スコア)であって創作物とは言えない</strong><br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>の対局は、スポーツで言えば、テニスや卓球の対戦と比較するのがわかりやすいでしょう。<br />対局により発生した棋譜は、テニスで言えば「スコア」にあたります。「記録」に過ぎません。<br />テニスの大会をイメージしてみてください。<br />(テニス競技の)当事者にとって、スコアの検証は大変重要だと思いますが、<br />ファンにとっては、「対戦そのものを見て楽しむ」ことが重要で、<br />「記録」は大きな意味を持ちません。<br /><br /><a href="http://blog.fc2.com/tag/%E5%B0%86%E6%A3%8B" class="tagword">将棋</a>の「棋譜」の特徴を、もう少し掘り下げてみましょう。<br /><br /><strong><u>特徴1) 「棋譜」による、ゲーム(対局)の再現性が、100%に近い。</u></strong><br /><br />ファンに伝える手段が「活字」だけだった昔には、<br />「棋譜」の文字(記号)だけでも得られる高い再現性が、<br />とても都合が良かっただろうと思います。<br /><br />スポーツなどが、伝達に四苦八苦している頃、<br />将棋は新聞などで、臨場感を持って伝えられ<br />ファンは吸い込まれるように記号を追ったことでしょう。<br /><br />今では、映像メディア・コンテンツの発達によって、<br />伝達性においては、スポーツなどと完全に逆転してしまっていますが、<br />とても再現性の高い特徴を持つ「棋譜」は、<br />スポーツビジネスの「映像」と同等のコンテンツである。と言っても良く、<br />プロ棋界とスポンサーにとって「棋譜の著作性」は、<br />業界の存続を左右するほど重要だと言ってもいいでしょう。<br /><br />特に新聞社にとって、棋戦スポンサードは、<br />「文化面での支援」としての側面は当然あるにしても、<br />お金を払って棋譜を得て、棋譜の活用で読者を得るのが基本的な仕組み であったわけですから<br />自由に棋譜を使われては、たまったものでは無いというのが<br />今でも本音かもしれません。<br /><br />詳しい契約内容は、それぞれの棋戦で違うと思いますが、<br />一例を上げると、将棋専門誌紙でも、「解説や棋戦情報に、棋譜の一部しか載せない」<br />というような取り決めが存在するはずです。(今もあるかどうかはわかりません)<br />もちろん、「一局を通した棋譜は、○○新聞を買ってご覧下さい。」という意味です。<br /><br /><strong><u>特徴2) 「棋譜」は、困難な生での対局観戦を補ってきた</u></strong><br /><br />将棋ファンは、将棋ファンであるがゆえに、<br />対局を生で観戦する事がとても難しいことを知っています。<br />だからこそ、棋譜による「偽観戦」で我慢してきたとも言えます。<br />したがって「棋譜」のソフト的価値は、他のジャンルに比べても非常に高いと思います。<br /><br />そして、「棋界全体」が「棋譜の再現性」というプラス面と、<br />「対局の公開の難しさ」というマイナス面の<br />両方に甘えてきたという面があるのかもしれません。<br /><br />しかし現在は、「観る将」という層が現れるほど<br />大盤解説会やライブ配信<br />また、予選などを生で観戦できる棋戦も現れてきています。<br /><br />ここ数年、棋譜の著作性に頼らないチャレンジは行っているように思いますし、<br />私には、成果は出始めているように感じます。<br /><br />(少々長くなってしまったので、次回もう少し続けます)<div class="fc2_footer" style="text-align:left;vertical-align:middle;height:auto;"> <div class="fc2button-clap" data-clap-url="//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/12/clap" id="fc2button-clap-12" style="vertical-align:top;border:none;display:inline;margin-right:2px;"> <script type="text/javascript"> (function(d) { var img = new Image(); d.getElementById("fc2button-clap-12").appendChild(img); img.src = '//static.fc2.com/image/clap/number/blue/0.gif'; (function(s) { s.cursor = 'pointer'; s.border = 0; s.verticalAlign = 'top'; s.margin = '0'; s.padding = '0'; })(img.style); var clap = function() { window.open('//blogvote.fc2.com/pickup/dulc104/12/clap')}; if (img.addEventListener) { img.addEventListener('click', clap, false); } else if (img.attachEvent) { img.attachEvent('onclick', clap); } })(document); </script> </div> <div class="fc2button-twitter" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:2px;display:inline-block;*display:inline;"> <a href="http://twitter.com/share" class="twitter-share-button" data-url="http://dulc104.blog.fc2.com/blog-entry-12.html" data-text="将棋・詰将棋と著作権の周辺整理(3)" data-size="" data-lang="ja">Tweet</a> <script type="text/javascript" charset="utf-8" src="http://platform.twitter.com/widgets.js"></script> </div> <div class="fc2button-facebook" style="vertical-align:top;border:none;display:inline-block;*display:inline;*margin-right:5px;"> <iframe src="http://www.facebook.com/v2.3/plugins/like.php?href=http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-12.html&amp;send=false&amp;layout=button_count&amp;width=160&amp;show_faces=false&amp;share=1&amp;colorscheme=light&amp;action=like&amp;height=21&amp;locale=ja_JP&amp;app_id=290292324472569" scrolling="no" frameborder="0" style="border:none; overflow:hidden; width:160px; height:21px;" allowTransparency="true"></iframe> </div> <div class="fc2button-line" style="vertical-align:top;border:none;margin-right:1em;display:none;"><a href="http://line.naver.jp/R/msg/text/?%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%83%BB%E8%A9%B0%E5%B0%86%E6%A3%8B%E3%81%A8%E8%91%97%E4%BD%9C%E6%A8%A9%E3%81%AE%E5%91%A8%E8%BE%BA%E6%95%B4%E7%90%86%283%29%20http%3A%2F%2Fdulc104.blog.fc2.com%2Fblog-entry-12.html"><img src="http://static.fc2.com/image/blog/view/linebutton/ja/linebutton_1.png" width="88" height="20" alt="将棋・詰将棋と著作権の周辺整理(3)" style="vertical-align:top;" /></a></div> </div>
  • Date : 2015-08-01 (Sat)
  • Category : 著作権
著作
    Return to Pagetop